2015年10月20日

パークシティLALA横浜


三井不動産グループが分譲した横浜市都筑区の大型マンション

地盤調査、再開=横浜・傾斜マンション問題―三井住友建

三井不動産レジデンシャル(東京)が販売した横浜市都筑区の大型マンション1棟が傾いた問題で、設計や施工を請け負った三井住友建設は19日、くいがしっかりと強固な地盤に達していたかなどを確認する地盤調査を再開した。まずは専用の機材を使った調査が可能となるようマンション周囲の樹木の除去から着手。月末までに調査を終え、11月中旬をめどに住民に説明する。
 傾いたのはマンションの西棟。既に調査した28本のくいのうち、8本が固い地盤に達していなかったか、十分ではなかったことが分かっている。19日以降は西棟の残り24本の調査を行う。施工側は、残りのくいは地盤にしっかり届いていて安全性に問題はないとしているが、住民の間で不安感が根強いため、調査することにした。
 また、販売された全4棟のうち、傾きがあった西棟を含む3棟で、くい打ちやくいの先端を固めるセメント量のデータが計70本分改ざんされていたことが判明している。
 くい打ちは旭化成の子会社の旭化成建材(東京)が担当した。同社の前田富弘社長は16日夜「改ざんはミスでなく、(1人の担当者が)悪意を持って施工不良を隠そうとしたとみている」と語った。同社は、基礎工事に関わった過去10年分の物件約3000棟について調査を進めている。
 このマンションは10〜12階建てで、2007年12月に完成した。今回の問題を受けて、三井不動産レジデンシャルは、建て替えに掛かる費用の拠出や住居の買い取り補償を検討している。 




続きを読む

2015年09月23日

ワールドシティタワーズ ブリーズタワー15階


ワールドシティタワーズ ブリーズタワー15階

(ワールドシティタワーズ)  (天王洲アイル駅賃貸,分譲マンション,タワーマンション,ペット可)



続きを読む
posted by porsche at 08:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸

2015年09月21日

次の競争軸はエネルギー、「湾岸の顔」超高層マンション 五輪で変わる東京(5) 次の競争軸はエネルギー、「湾岸の顔」超高層マンション 五輪で変わる東京


2020年東京五輪の開催が決まり、都市の大改造が加速し始めた。東京は今後どんな姿に変貌するのか――。日経BP社が発行した「東京大改造マップ2020」では、東京23区内で計画されている大規模開発や交通インフラなどの情報を網羅的に収集。「東京の未来地図」を作成した。連載「五輪で変わる東京」の第5回では、湾岸シフトが進む東京のマンション市況の今後を、日経アーキテクチュアの独自調査や専門家の分析などを基に予測した。
posted by porsche at 19:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産市況

首都圏 湾岸地域の新築マンション供給動向


2003年以降、首都圏・湾岸地域で「大規模・超高層物件」(=概ね総戸数500戸以上、もしくは最高階数が30階を超える物件)の開発が顕著である。

その要因としては、これら戸数規模も階数も従来を上回る物件では、様々な設備や商業施設などとの一体開発による生活面での利便性が配慮され、多くの住戸プランによって様々存在する居住ニーズ・嗜好にも対応するなど、“住むための条件”が整っており、しかも眺望や話題性と言った“付加価値”も備わっていることが購入予定者にとってフックとなっていることが挙げられる。また、供給・開発側にとっても、営業資本や開発コストを特定の物件に集中させることで、建設・販売面での効率化を図ることができるというメリットがある。つまり「大規模・超高層物件」開発自体は、需給双方のコンセンサスの取れたものであると言うことができる。

ただし、湾岸地域はこれまで専ら物流の拠点や工場などに使用されており、必ずしも居住用途が前提とされる地域ではなかったため、特に鉄道網に整備の遅れがあり、一部の物件で最寄駅までの所要時間が15分を超えるなど、交通利便性にやや課題を残すものも散見される。また、現状では分譲が安定して進んでいるとはいえ、竣工・引渡しが完了している物件は限られており、実際に人が生活する“場”としての街の形成には未だ至っていないという状況も指摘されている。今回のトレンドレポートは、人気・話題性といくつかの課題が交錯する首都圏・湾岸地域のマンション市況と今後の予測について、データを基に分析する。


posted by porsche at 19:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産市況