2008年07月15日

韓国ソウル 龍山地区再開発

ソウル 龍山.jpg
高さ無制限の再開発。
これは完成したら見に行かないといけないな。

2011年着工、2016年完成。
総投資額は28兆ウォン(約2.9兆円)


高さ無制限の国際コンペで5社が残る、韓国ソウルの龍山地区再開発
2008/07/14

海外プロジェクト   コンペ   スタジオ・ダニエル・リべスキンド   フォスター・アンド・パートナーズ   超高層   アシンプトート   ザ・ジャーディ・パートナーシップ   韓国   SOM  
 韓国ソウル市と龍山開発は7月2日、ソウル市中心部にある龍山国際業務地区の再開発に向けた国際デザインコンペを実施し、欧米に拠点を置く5社が第1次審査を通過したと発表した。龍山国際業務地区の再開発では、世界で有数の超高層ビルを含めた未来型都市を計画している。2011年に着工し、完成は16年の予定だ。総投資額は28兆ウォン(約2兆9000億円)に上る。

 第1次審査を通過したのは、スタジオ・ダニエル・リベスキンド(米国)、アシンプトート(米国)、東京ミッドタウンを手掛けたSOM(米国)、六本木ヒルズのプロジェクトにかかわったザ・ジャーディ・パートナーシップ(米国)、フォスター・アンド・パートナーズ(英国)の5社だ。5社は建設予定地の現地調査を経て、10月末に最終提案を提出する。最優秀案の決定は12月初旬の予定だ。

 龍山国際業務地区は、漢江沿いに位置する56万6800m2の大規模再開発地域だ。現在は韓国高速鉄道龍山駅や電気街など、様々な施設が建ち並んでいる。今回のコンペでは、ランドマークとなる超高層ビルの高さと大きさには制限を設けていない。計画には公園や緑地、道路の割合を46.8%まで確保することやCO2の排出量を最小限にとどめることなどの条件を定めている。


posted by porsche at 16:36 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
韓国はアメリカ人の力を借りずに自力で韓国人の手で未来都市を開発して下さい。韓国は財閥を解体して中小企業や零細工場に力を入れて下さい。企業戦士や職人の育成に力を入れて下さい。
Posted by 安永 at 2012年05月02日 12:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。